ポイントサイトの仕組み ポイントサイトの仕組みについて紹介します。

ポイントサイトの仕組み

ホームページやブログを開設している人の事を管理者といいます。
管理者は、いろいろな事を発信していき、そのサイトの訪問者を増やそうとします。
訪問者が増えてきたら、広告のバナーやタグを埋め込み、商品を紹介して売れれば紹介料が入るようにしたのがアフィリエイトといわれる手法です。

ポイントサイトも同じ仕組みを使っています。

何かを販売したい企業は、広告代理店に商品のバナーやタグとともにポイントサイトに、広告宣伝費を払い販売や紹介を頼みます。 ポイントサイトは、無料会員になってそのバナーやタグをクリックしたり、商品を購入すればポイントがもらえると宣伝をしていきます。

ポイントサイトは、サイト訪問者を増やし、なにか購入するように誘導するためにポイントをおまけにつけていると考えたほうがいいかもしれません。

 

なぜ、企業は自分でサイトをつくって販売しないで、アフィリエイトやポイントサイト経由で商品を紹介したり、販売したりするのでしょうか。

それは、ネット上にあるいろいろなサイトの中で、1企業がサイトを作っても全然目立ただず、お金と時間の無駄に思えるからです。

そこで同じ広告宣伝費をつかうなら、費用対効果のいいアフィリエイトやポイントサイトを利用するようになりました。

そうなるとポイントサイトは、おもしろいコンテンツをつくり会員を集めないといけません。 商品の購入だけにポイントをつけると、その商品を買わない人は、ずっとポイントがたまりませんし、会員の退会も考えられます。 そこでいろいろなミニゲームをつくったり、クリックしただけでポイントが入るようにしたり、会員に飽きられないように工夫をしています
いろいろなコンテンツを楽しむことで、別に商品を購入しないでもポイントが入るようになっているサイトがほとんどです。

企業は、広告宣伝費を払い、 その広告宣伝費を広告代理がポイントサイトを運営する。
会員は広告宣伝費の一部をポイントとしてもらう。

企業にとっては、会員がその紹介した商品やサービスを使ってくれるとそれだけ儲かることになります。
ポイントサイトも紹介した商品やサービスを使ってくれれば、その金額に応じて紹介料が入ることになります。
会員には、ポイントとして報酬がはいります。

このように企業からの広告宣伝費を使い、誰も損をしないシステムになっているのが、ポイントサイトです。